冨士倉庫運輸株式会社
文書保管、集荷・配達・廃棄等。京都の倉庫、運送、流通加工。物流アウトソーシング。
ご挨拶会社概要お問い合わせ
保管 流通加工 輸送 アウトソーシング 通販発送代行
3PL
TOP > 3PL
冨士倉庫運輸の3PL

3PL(third party logistics、サードパーティロジスティクス)とは

荷主企業に代わって、最も効率的な物流戦力の企画立案や物流システムの構築の提案を行い、かつ、それを包括的に受託し、実行することをいいます。荷主でもない、単なる運送事業者でもない、第三者としてアウトソーシング化の流れの中で物流部門を代行し、高度の物流サービスを提供します。
サービスの内容は、輸送・保管といった基本的な機能に加え、輸出入の代行、流通加工、情報管理、受発注の代行、返品処理、さらには在庫拠点の立地や物流ネットワークの設計、カスタマーサービス窓口の代行など、さまざまな業務があります。3PLのメリット・デメリットとしては以下のようなものが考えられます。

メリット
■細かな物流管理の手間を省くことで、本来の業務に専念・特化が可能。
■自社の貴重な経営資源を、コア事業へより集中させることによって企業全体コストを低減できる。
■日々変化し複雑化が進む「物流」環境において、素早く柔軟な対応が可能。
■3PLにより安定した企業物流が構築でき企業ブランドの向上が期待できる。
デメリット
■物流ノウハウや関係情報の流出。
■外注化による余剰人員の処理問題。

3PLでは「荷主企業の側に立って物流全体の最適管理を行う」ことが基本的な考え方である為、上記以外にも流通在庫の削減(最適化)、流通在庫の可視化、リードタイムの短縮、納品精度の向上、販売機会ロスの低減、物流運営体制の一元化などメリット面が多く、また戦略的ロジスティクスを構築することにより、キャッシュフローを生み出し、企業競争力強化と企業価値を高めることができるので、今後も物流のスタンダードになっていくでしょう。

冨士倉庫運輸のソリューション

入荷後の商品検品、ラベル・シール貼り、ピッキング、梱包、ギフトセット組み立て、包装から全国発送まで。お取引商材に合わせた物流加工業務を物流センター内でワンストップ対応致します。多様化する顧客ニーズと商品特性に合わせて柔軟に対応し、物流の効率化をご提案させて頂いております。
冨士倉庫運輸のソリューション

冨士倉庫運輸の3PLフロー

冨士倉庫運輸では、自社所有の倉庫・車両そして人材をフルに活用し、業種に拘わらず3PLによってお客様の物流を適正化させて頂きます。
冨士倉庫運輸の3PLフロー
各種アウトソーシング

各種アウトソーシング

物流全般のサービスをご提供します。経験豊かなエキスパートを配し、お客様のご要望に合わせた取り組みを行っております。また、通関手続きほか法令等のご相談も承っておりますのでお気軽にご相談下さい。

主な業務

■ 保管業務/受発注業務、倉庫保管業務、在庫管理業務
■ 流通加工業務/梱包包装作業、ピッキング作業、搬出入作業などの代行
■ 通関代行業務
■ 損害保険代理店業務
各種アウトソーシング
貿易支援

通関・輸出入


● 通関について
"通関"とは「貨物の輸出入について税関の許可を受けること」をいいます。輸出や輸入の際に必ず行わなければならない手続きで、通関士の資格を持った者が行う専門業務です。
■ 通関時の手続きの流れ
---必要書類---
○ 輸出申告
・ インボイス
・ パッキングリスト(輸出貿易管理令に該当する貨物)
・ 輸出許可書、輸出承認書(他の法令に該当する貨物)
・ ほか法令の証明書
・ その他申告にあたり必要な書類
○ 輸入申告
・ インボイス
・ パッキングリスト
・ B/ Lコピー
・ 運賃明細書
・ 保険明細書(特恵関税適用貨物)
・ 原産地証明書(FormA)(他の法令に該当する貨物)
・ 他法令の証明書
・ その他申告にあたり必要な書類
■ 通関書類の作成からチェックへ
必要書類から通関に必要な項目をピックアップし、また貨物の分類や税率を決定して通関書類を作成し、通関士がチェックを行います。
● 許可と納税
税関は、申告内容に間違いが無く輸出入に問題がない事を確認した上で、審査を終了します。輸出申告では、税関の審査が終了すれば許可となりますが、輸入申告では、この時点で納税をし、その他法令が合格した後、輸入許可になります。 納税には即納と延納の2種類があります。

即納とは、文字通り審査終了時に関税、消費税等を納付することです。銀行口座から自動的に納税出来ます。また、銀行窓口で支払う事も出来ます。

延納とは納期限延長制度の略称で、事前に担保を提供して、税金の納付を3ヵ月以内の期限で延長する制度です。担保が納税金額よりも多ければ、税関の審査終了時に即輸入許可になり、貨物を引き取る事が出来ます。
■ 許可後の手続き
輸出:船積確認と輸出許可通知書の返却
輸入: 輸入許可通知書、納付書、領収書の返却

保税倉庫のメリット

メリット1 通関手続きを先送りにする期間で、仕分けや簡単な加工が施せ、しかも、関税・消費税の納付に必要な資金をその期間他へ運用できます。
メリット2 見本品を展示場へ出展し、売れ筋商品を判別した上で、それら売れ筋商品のみを通関し関税を支払う(それ以外の商品はシップバック可)ことにより関税・消費税をセーブできます。
メリット3 京都近郊のお客様であれば港湾に出向かず貨物が外国貨物(保税)の状態でチェックできます。
 
物流コンサルティング(Total Logistics Consulting)

物流コンサルティング

お客様が「コア業務」に集中できるように、物流システムの「最適化」を全般的にサポート致します。

サービスフロー

ステップ1 ヒアリング

・現物流業務に関する流れを細分してレビュー
・現場でご担当者様とコストを管理されている管理者様の両サイドより意見を収集

ステップ2 実態調査(現状分析)

・物流現場もしくは、これから行う現場での業務を調査
・視察またはシュミレーションする
・現場での問題点の洗い出し入出荷、仕分け、ロケーション管理、ハイ付、アソート、包装・梱包作業のチェック
・商品の物流原価を計算(ABC分析による)

ステップ3 最適化プランの提出

・物流施策の求められる規模・設備の確認
・物流施策内での作業効率化・そのシステム導入検討
・最適な物流拠点の確認
・輸配送(リードタイムの短縮)の最適プラン作成

ステップ4 運用開始

・物流センター稼働開始(人員の導入)
・お客様と共に適正在庫、納品精度の向上、そして物流コスト削減に取り組む

ステップ5 創意工夫(Value Add)

・無駄削減の為に定期的なモニタリングを行い、随時修正を加える


3PL
冨士倉庫運輸の3PL
各種アウトソーシング
貿易支援
物流コンサルティング

ページトップへ

冨士倉庫運輸株式会社
info@fuji-soko.com
お問い合わせはメールフォームからも行っていただけます
 

〒612-8296 京都市伏見区横大路柿之本町13番地の1
倉庫部 TEL : 075-601-7261 / FAX : 075-602-8207
運輸部 TEL : 075-601-9298 / FAX : 075-601-9270
TOP保管流通加工輸送3PL通販発送代行タイヤ預かり
環境に対する取組安全に対する取組会社概要ご挨拶お問い合わせプライバシーポリシー

Copyright © FUJI WAREHOUSE & TRANSPORTATION CO.,LTD..All Right Reserved.