冨士倉庫運輸株式会社
冨士倉庫運輸株式会社のロゴマーク
お問い合わせ

冨士倉庫運輸のSDGs

SDGs行動宣言

弊社は企業活動を通じて、社会課題の解決に取り組み、SDGs達成に貢献しています。

項目 関連するSDGsのゴール SDGs達成に向けた取組
働きがいのある仕事
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 8 働きがいも経済成長も
  • 9 産業と技術革新の基盤をつくろう
社会に求められるサービスプロバイダーとして、多様な従業員のライフワークを尊重しエンゲージを高めることで、より優れたトータル物流サービスの提供に取組んでいます。
責任ある企業行動
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 17 パートナーシップで目標を達成しよう
「当たり前」のことを「当たり前」に実践し、常に「三方芳し」であり続ける為、3PL提案企業として常に顧客の立場で考えられる企業としてCS向上に取組んでいます。
地域への貢献
  • 4 質の高い教育をみんなに
  • 10 人や国の不平等をなくそう
  • 11 住み続けられるまちづくりを
地域社会の「暮らし」と「発展」を支える企業として、将来を担う地元の学生向けに社会見学を実施するほか、災害時の緊急支援物資受入れにも取組みます。
脱炭素社会への挑戦
  • 7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに
  • 12 つくる責任つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
物流倉庫の全棟照明LED化完了に続いて、人感センサーの順次取付けによる節電対策。また、雨水の有効活用、クールビズの励行、営業車輌の電気自動車導入など、循環型環境社会に取組みます。

冨士倉庫運輸株式会社はSDGsが掲げる目標に賛同し行動していきます。

また、その実現の基軸として、我社が掲げる「6げん主義」である現物主義・現場主義・現実主義・原理尊重・原則主義・顧客第一主義を、全社一丸で尊重し行動することで社会貢献も果たしていきます。

富士倉庫運輸株式会社×京都中央信用金庫×京都市×きょうとSDGsネットワーク

SDGsとは

SDGs(Sustainable Developmento Goals)とは、国連が定めた「持続可能な開発目標」のことです。 持続可能な開発目標(SDGs)、通称「グローバル・ゴールズ」は、貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

働きやすい職場環境づくり 2022健康経営優良法人 Health and productivity

健康経営優良法人認定制度において、社内の環境整備や健康への取り組みを評価され、「健康経営優良法人2018」中小規模法人部門に認定されました。

  • リフレッシュ休暇制度の導入
  • 全社員参加可能なクラブ活動
  • 健康づくり支援スタッフの設置
  • 健康的な食品の提供

働きやすい職場認証制度

令和2年8月国土交通省が自動車運送事業(トラック・バス・タクシー事業)の運転者不足対応のための取り組みとして「働きやすい職場認証制度」が創設されました。

職場環境改善に向けた各事業者の取り組みを「見える化」を行い、国土交通省・厚生労働省が連携、運転者への就職を促進することを目的としており、冨士倉庫運輸株式会社は本社ならびに福知山営業所で認証されました。

efforts